スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

画像掲示板の写真の大きさ


みなさんの掲示板、投稿写真の大きさはどれぐらいですか?
私の掲示板は、100KBと120KB、これは小さい方なのかしら。
HPじたいに大きい写真を載せないので、100KBあれば十分だと思っていたけど、今はこれでは小さいのかしら。

皆さんのお考えを教えてください。

ヤマモモの実です。
スポンサーサイト
 

ひょうたん池のクロイトトンボ


ベニイトトンボの仲良しさんは、♂がたっているのが普通なのかな。
ひょうたん池では、そういうベニイトトンボが沢山います。
クロイトトンボの♂も真似しているのかこういうふうなところの写真もあります。
クロイトトンボの仲良し2
よく見かけるのは、水草の上や葉っぱの上などで長くなっているところですね。
クロイトトンボの仲良し3
輪になっているところは、ぶら下がっている所の方が多いかな。
 

ひょうたん池のベニイトトンボ


ベニイトトンボを撮り直しに出掛けてきました。
仲良しさんはたくさんいるものの、何回やっても上手くできません。
カメラも一眼レフで、MFならいいのかな。カメラのせいばかりでなく、腕は一向に良くなっていないから、無理なのかも。
今日は♀も意識して撮るようにしてみました。
ベニイトトンボ ♂
この赤いのが、ベニイトトンボの♂です。
べにいととんぼ ♀
メスは、オスのような鮮やかな色はしていないです。自然界は大体メスは地味ですね。
 

磐田市 医王寺


あじさいの頃がいいと言うので、磐田市の医王寺に行ってきました。
参道の苔が素敵で、感じがいいです。
あじさいも沢山あります。
客殿からみわたせる庭の見事なこと。さつきが刈り込まれて、素敵です。
この庭は、小堀遠州とも他の人とも言われているそうです。
広い庭です。
医王寺の庭
この写真の3倍くらいの広さなんですよ。
この刈り込み、大変ですね。
医王寺 参道これは、山門から外を見たところなんだけど、苔が見事です。
この苔があるから、梅雨時がお薦めなんでしょうね。
お庭のさつきも見事でしょうから、そのころもいいでしょうね。さつきだから、もう少し早ければ良かったかな。
一枚目は、山門をくぐって、中を見たところです。苔が一面にありますよ。
 

子生まれ石


相良町へ行ったので、「子生まれ石」というのを見てきました。
大興寺に伝えられている、
寺の住職の往生直前に、必ず裏山の沢の涯から石が生まれる、と言う不思議な現象からこの名前があります。
子生まれ石

この様子が、岩から石が生まれ出るようにみえるため、長寿・安産の石として信仰を集めています。
遠州七不思議の一つでもあります。

子生まれ石は、住職の墓石として使われています。
 

相良油田


相良町まで行ってきたので、相良油田のあとを見てきました。
相良油田は太平洋岸唯一の産油地。
明治5年に石油を発見したことから始まって、最盛期が明治17年ごろ、昭和30年ごろまで約80年間、相良の一大事業として行われました。
相良油田の原油は、ガソリンや灯油分を多く含んだ極めて軽質な原油で、世界にもまれにみる良質な原油です。
一枚目は「油田の里公園」の様子で、油田資料館や手掘り小屋があります。
手掘り小屋内部のジオラマ
資料館内にある、ジオラマで、手掘り井戸小屋内部の様子です。
原油
右側が相良の原油、左側が新潟県の新津油田の原油です。現存する石油坑
公園の近くにある機械坑の跡です。
 

相良町の大鐘家のあじさい


今日は良いお天気、ちょっと暑くなりそうだなと思いながら出掛けてきました。
国の重要文化財、相良町の大鐘家、あじさいが見ごろだと言うので行ってきました。

長屋門と主屋が文化財です。
主屋は、武家屋敷のつくりなので、天井が低いです。
裏山からは海が見えます。
一枚目は、長屋門です。
この道が「田沼街道」というみたいです。
田沼は田沼意次で、相良藩の藩主でもあった人です。


大鐘家あじさい
大鐘家のあじさいです。この赤いあじさいが気にいっちゃいました。
ピンクは沢山あるけど、赤は珍しいですよね。

大鐘家 紅額紫陽花
主屋の前に咲いていた紅ガクアジサイ。

大鐘家 うずあじさい
駐車場の方にあったウズアジサイ。
 

オオシオカラトンボ


久しぶりに、かぶと塚公園へ行ってきました。
これといって目的のものがあったわけではないけど、何かいないかなと。

公園の中には、水の流れているところがあって、その近くの水溜りのようになった所に、何やらトンボがいました。♂と♀でしょう、2匹います。メスは産卵でしょうか、水面を叩くようにしています。何回もやっています。
オオシオカラトンボ メス
♀は止まっているのではないので、はっきりと撮ることはできませんでした。
調べてみたら、オオシオカラトンボ、初めての出会いです。
シオカラトンボや、コシアキトンボもいました。

○○幼稚園のバスです。
ネコバスここへ遊びにきたみたいです。
賑やかな子供達の声で、トンボもどこかへ行ってしまいました。
 

ベニイトトンボ


いつも桶ヶ谷沼や鶴ヶ池ばかりなので、ひょうたん池へ行って見ました。
イトトンボがやっぱりいます。
アオモンイトトンボやクロイトトンボかな、キイトトンボは見当たりませんね。
ベニイトトンボがたくさんいます。
仲良しさんもいましたが、どうもピントが上手く合いません。ベニイトトンボの仲良しさん
一匹でいるところは、家でチェックしてみたら、どうも♂ばかりのようです。
♀も撮らなくちゃいけませんね。

ショウジョウトンボの仲良しさんがいて、産卵かな、メスが水面を叩くようにして飛んでいました。この様子は残念ながらカメラで撮ることはできませんでした。
 

アカバナユウゲショウ


アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)、この花を御存知ですか?
私は最近名前を知りました。
もう何年も前から、田圃に生えていたんですよ。
小さくて、とっても可愛い花です。
今年は白い花もありました。
赤花夕化粧 白色
名前を探そうとあちこちみて見ましたが、分からなくて、
HP友達のYさんにアカバナ科では?と教えてもらい、探したらありました。
ユウゲショウ(別名アカバナユウゲショウ)というそうです。
オシロイバナのことをユウゲショウというので、区別するためにアカバナユウゲショウとも呼ぶらしいです。

似た花に、モモイロヒルザキツキミソウ(桃色昼咲月見草)があります。
桃色昼咲月見草
これもアカバナ科です。花の形はよく似ていますが、大きいのが桃色昼咲月見草です。
今まで「赤い可愛い花」だったのが、名前がはっきりしたので、うれしいです。

アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧) Oenothera rosea
     アメリカ原産、明治時代に入ってきた植物
カレンダー
05 | 2005/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。