スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

モミジアオイ


真っ赤な花のモミジアオイが今年も咲きだしました。
アオイ科の花ですね。
別名、紅蜀葵(コウショッキ)ともいいます。
ちなみに黄蜀葵(オウショッキ)と言うのがあって、それはトロロアオイの花をさすようです。

昨日咲いたのが初めての花のようですが、風があったので上手く撮れませんでした。

モミジアオイ 7/29

今朝、新しい花が咲いたので撮ってきました。
この花は、一日花ですから、毎日新しい花が咲きますね。
これは、何年前になるかしら、4年前かな、種を蒔いて育てたんですよ。
翌年には花が咲かなかったので、初めて咲いたのが去年。
今年が咲き出して2年になります。
苗を買ったのではないので、何本もありますよ。

モミジアオイ 7/30
スポンサーサイト
 

あさがお


今年はアサガオを鉢植えにして見ました。
去年の花博で、綺麗なアサガオを沢山みたからなんです。
でも、あそこで見た花は、端正込めて作られたものですね。
うちでただ鉢に植えたものとは訳が違います。
それでも花が咲いてくれると嬉しいものです。

まずピンクの花

アサガオ ピンク

このピンク、もっと綺麗なピンクなんですよ。写りが悪いです。

次にブルー

ブル-
 
白い縁取りのブルーです。

トップに載せた紫色の花、今日はこんなに沢山咲来ました。

アサガオ 紫

最後に琉球あさがお クリスタルブルー これは宿根アサガオです。
鉢植えにしてあるので、毎年この鉢で咲いてくれます。

琉球あさがお クリスタルブルー

まだ撮っていない朝顔も2鉢あります。
 

トンボが尻尾を上げている理由


ショウジョウトンボです。

最近トンボを撮っていて、尻尾を揚げているトンボをよく見かけます。
その理由を「故郷・埼玉のトンボ」のMatszさんに教えてもらいました。

「チョウトンボも台湾ウチワも尻尾をこれでもかと上げていますが、
いくつかの理由が考えられています。
この時期は、特に暑さと関係があると思います。
水辺にいるトンボは、日中直射光線を浴び続けるので、体温もどんどん
上がってしまいますが、このようにして熱線を受ける面積を小さくして
体温が上がりすぎるのを防いでいるのではないでしょうか?」

日陰に入るとかしないのかしら、と思ったところ、

「トンボもそうすればいいのにと思います。
確かに、暑くなってくると木陰に移動して行くトンボも
多いですが、日なたでこのように尻尾を上げているトンボは
縄張りを持っている訳で、そうそう縄張りを離れる訳には
いかないんですよね。悲しい性です。」ということです。

チョウトンボです。

チョウトンボ

 

タイワンウチワヤンマ


桶ヶ谷沼で撮ったタイワンウチワヤンマです。

タイワンは台湾なんですよ。
「国内ではもともと沖縄や九州で分布が確認されるだけで、静岡県内では見られない種だったが平成8年に川根町で最初に確認されて以降、各地で監察。
県東部では、沼津市(旧戸田村)の一例のみだった。」
これは今朝の新聞に載ってたもので、このトンボが、三島で初確認されたというものです。

ナガサキアゲハ、まだ私は見たことがないですけど、この蝶も県内で見られるそうですね。以前新聞に載っていました。
やっぱり温暖化が原因なんでしょうね。

このトンボ、私も桶ヶ谷沼や鶴ヶ池で撮っていますよ。
ウチワヤンマというトンボがいて、そのトンボに似ていますが、ウチワの部分や胸の模様が違います。

これは、鶴ヶ池で今日撮ったタイワンウチワヤンマです。

タイワンウチワヤンマ

ちなみに、コレがウチワヤンマです。

ウチワヤンマ
 

ウチワヤンマ


大きなトンボの仲良しさんを見つけました。
撮ったときにはトンボの種類は分かりませんでした。

PCに取り込んで初めて分かりました。
ウチワヤンマです。
なんて窮屈そうな格好をしているんでしょう。
イトトンボの仲良しさんは、綺麗なハートを作ったりしているんですよ。
いつも♂ばかり見ていたから、メスも見てみたいと思っていたんですが、
仲良しさんが撮れて嬉しいです。

コレがウチワヤンマの♂です。

ウチワヤンマ ♂
 

ギンヤンマ


台風一過の昨日は風が強かったので、今日トンボを撮りに行ってきました。
今日も暑い日です。
ギンヤンマのほかにも、アオイトトンボの♀、ナツアカネが撮れました。

いつもギンヤンマの飛び回っているのを指をくわえて見ていました。
今日もそうなるかと思っていたところ、連結のギンヤンマが飛んでいるではないですか。これはなんとしても撮らなくちゃ。

ギンヤンマ

見ていると、連結したままあっちで産卵、また飛んで、こっちで産卵と飛び回りながら、あちこちで産卵しているんですよ。

ギンヤンマ

飛んでいるときはなかなか撮れないけど、産卵中が、チャンスです。
何枚か撮れました。\(^-^)/バンザーイ

ギンヤンマ
 

学校の先生

前回、お役所仕事について書いたので、もうひとつ。
これは学校の先生。
一人は当時、中学校の教頭。
2学期最後の日に、子供が、近所の人に渡すようにと頼まれたものを持って帰ってきた。
住所はもちろん近くではない、名前を見てもそんな人に心当たりがない。
担任ではなく、教頭先生に呼ばれて、渡されたそうだ。
教頭先生と言うのは、この年移動できたばかりだったかな。
地域の地理も分からないのに、押し付けられたそうだ。
住所を見ても、全然違う。第一、小学校だって学区が違うところなんだから。

子供が、「知らない。」と言ったら、「近所のおばさんも知らないのか」と反対に怒られたそうだ。
学校に電話したら、忘年会で先生はいないそうだ。
コレが他の日だったら学校に持って行ったのに。次の日は、お休みだったんです。
たまたま電話番号が載っていたので、それを頼りに住所を探して渡してきた。

担任の先生にも連絡した。「違うのに渡されたの」と呆れたふうに言っていたが、教頭先生に連絡したのか、しなかったのか、教頭先生からは、誤りの電話も何もなかった。こんな先生が校長になって威張って、年金貰ってのほほんといるんでしょうね。

もう一人、小学校の先生。
参観会の日に、学校へ行った。何の授業かは忘れたけど、授業の終わりごろ、子供も煩かったんでしょうが、「先生の話を聞きなさい!」と 怒っているばかり。
うちの子が、先生に話しかけているのに、全然聞こうとしないで、そういっている。親がいてもこうなんだから、ふだんは、自分のことばかり言っているんだろうなと思った。この先生は、余り好かれてはいなかった。

もう一人思い出した。
掛け算の授業があるころだから、小2かな。
九九をしっかり憶えなきゃいけないのに、あまりちゃんとやってくれない先生だった。他の子供のときは、1x1,1x2・・・9x8、9x9 までいくと、逆に、9x9,9x8・・・1x2,1x1 と逆にやってきて、その後、先生がランダムに○x△、▲x●と言うのもやってくれた。
その先生は、1x1,1x2・・・9x8、9x9 で終わり。ランダムもなし。
九九は、ひたすら憶えるだけよね。
こんなことでは心配で、それでなくても足し算がおぼつかなかったので、珠算をやらせた。お陰で計算に特別困ることはない。暗算で出来るわけではないけど、普通に計算できるようになった。
これに関しては、早めに手をうってよかったと思っている。
 

お米の生産調整に関係する現地確認


台風7号、昨日は、たいした風雨ではなく南の海上を通っていったようだ。
今日は、昨日の暴風が回ってきたように、風が強い。
飛ばされないように気をつけないと。
朝から暑くて、クマゼミの大合唱が聞こえている。

今年は、部農会の役が回ってきたので、何かと用がある。
この現地確認も7人の内の2人にくじで当たってしまい、出かけてきました。
これは、田圃が作ってあるかの現地確認、普段通らないたんぼ道を通って、確認票を集めて回ります。
自分の地域だけでも、どこに誰のたんぼがあるか分からないのに、よその地区のたんぼまでわかりません。地図があるから大丈夫とのこと。

市役所と、農政事務所から男性が二人、部農会の役員は私ともう一人のおばさんです。この4人で、該当の場所を回りました。

さて、該当の場所近くには、小学校が2校あります。A小とB小です。
目的地は、C地区。小学校の南側です。
車は、B小を目指します。
でもね、B小の南はC地区じゃないはずよ。
小学校の南だからと言うことで走っているけど、おかしいよね。
地図を見せてもらっても(見せてもらったんじゃなくて、私が覗き込んだ)、小学校の敷地が広く開いているだけ。地図に学校の名前が書いてない。担当者は、地図を見ているけど、全然分かっていない。付近の道路の様子から、これはA小だと判断、もどります。

幾ら地理に疎いと言っても、普通、近くの学校の名前ぐらい確認して出かけますよね。その地図、道路も川も区別が何にもない。確かにたんぼは詳しく地番まで書いてある。こんな非実用的な地図で走るなんて。
お役所仕事の一端を垣間見たような気がした。現地をみずに、机上で物事を決める。だから生活が楽にならないのよ。現実を知らない人が話し合って、何ができるの。
集めるはずの確認票、たんぼに設置した後はわかるものの(たんぼに竹が差してある)、肝心の確認票は、風で飛ばされたものも多かった。
さすがに農政事務所の人は、車に長靴が用意してあったけど、市役所の人は、最初から車から降りる予定はなかったらしく、たんぼを回ると言うのに、革靴のままだった。その人はただ、地図を眺めていただけ。コレが仕事なんでしょうね。

確認票、たんぼの中に落ちているものもあったり、どこかへ飛ばされて分からないものもあった。田んぼの中に落ちたものは、長靴を履いた男性が拾ってきた。

お役所仕事と言うと、うちの近くの排水路の工事を思い出す。200万円で行われた工事、誰がみてもそんな工事ではどぶにお金をうっちゃるようなものだと思うのに、現に、工事をした人たちもそういっていたそうだ。
現地をみずに役場の土木課が決めたようだ。机上の理論が通るはずもないのに。
現在、あの工事はなんだったのか、元の木阿弥、水の流れの悪い排水路になっている。一ヶ月ももたなかったようだ。

もう一つ、浜名湖ガーデンパークのオープンの日。展望台が無料で登れるというので待っていたが、いっこうに進まない。
何をしているかと思えば、一人6枚、希望の時間を聞いているんだそうだ。
皆、呆れちゃった。無料券なんて、普通、並んで待っている人、一人一枚、時間は決められているのが普通よね。
これも机上で、考えたんでしょうね。
こんなに人が来るとは思わなかったとか、xxxだったとか。
ボランティアで、やっている人も呆れていた。お偉いさんの考えることは分からない。自分のお金儲けは、頭を使っているんでしょうね。
 

キティちゃんと大相撲



先日の新聞に、キティちゃんのペンダントが560万円で売り出され、子供のためにと買った人がいるそうだ。私にすれば呆れるだけだ。幾ら宝石が付いていても、たかがキティちゃんにこんなにお金を払うなんて。もっといい使い方がありそうなものだ。

今日、台風のニュースを見るためにテレビを見ていたが、大相撲改革についてやっていた。そのなかで、懸賞金のかけ方が変わったとか色々やっていた。
ここでもキティちゃん。
キティちゃんのマワシを締めた人形があるんだそうだ。写真を撮ればよかったね。
この商品化についても、意見がいろいろ。「キティちゃんは女の子だからダメ」、「猫だから、動物はOK」といろいろな意見があるようだ。

さて、大相撲には懸賞がかけられますね。
「おにいちゃん」こと元横綱若乃花関の「ちゃんこダイニング若」ここも懸賞をかけているそうだ。
そして、キティちゃんの懸賞もある。
大阪府知事が、土俵に上がれなかったけど、キティちゃんは大丈夫なんですね。
テレビで何回も流していたから、カメラで撮ってみました。

キティちゃんの懸賞。

キティちゃんと大相撲の懸賞
 

ひまわり畑



台風7号、近付いてきましたね。
今日は雨が降らなかったので畑の草取りをしていました。
でも、思い出しましたよ。ひまわりの花が撮ってないのを。
台風が来たら、駄目になっちゃうじゃないの。
というわけで、急いで撮りに行ってきましたよ。
去年は、花博の帰りに撮ったから、太陽が入って上手く撮れなかったのよ。
ひまわりって、東を向くのよね。だから、西に向かって撮るでしょ。午後は駄目なのよね。今日は曇りだし、お昼だったから良かった。

竜洋のひまわり1

ちゃんと、見物するところが用意してあるので、そこから撮りましたよ。

竜洋のひまわり2

ちょっとUPで。

竜洋のひまわり3

閉じているひまわりと、

竜洋のひまわり4

開いている花と。
カレンダー
06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。