スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ヒメノカリス



ヒメノカリスは、スパイダーリリーとも呼ばれるヒガンバナ科の植物です。
花時に葉っぱはちゃんとありますよ。
これは、生協の注文で買った花なんだけど、説明書には、「甘い香りのスパイダーリリー」とあるだけで、詳しい名前が載っていないので、ヒメノカリス・XXXXX の XXXXXの部分の名前はわかりません。
ヒメノカリスではなく、イスメネと呼ばれることもあるそうです。
イスメネは、古い呼び方だそうです。

さて、花は真っ白い綺麗な花です。
長い6本は、何というのでしょうね。これがあるので、スパイダーリリーと呼ばれるようです。



左側に長く伸びているのが、つぼみです。この状態で、翌日咲きます。もう一つつぼみが見えていますがわかりますか?
スポンサーサイト
 

アオイトトンボ



昨日は、サラサヤンマを見つけた桶ヶ谷沼ですが、キイトやアオイトトンボもいました。
アオイトトンボは、確認のために、今日も行ってきました。
他の似た種類とはっきり区別させるために、撮り直しです。

これは♀。




尻尾が曲がっているものがいました。




アオイトトンボは、胸と、尻尾で確認します。




胸だけでは、はっきりしなかったので、尻尾の先端も撮りました。



 

この鳥はなんでしょう



コアジサシを撮れたらいいなと、大池へ行ってきました。
杭に止まっていた鳥さんを撮りました。
飛んでいる野鳥は、まず撮れないですからね。
運よく止まっていてくれて、「ラッキー!」思わず、思いましたよ。



暫く止まっていてくれたから、沢山撮れました。



さて、家に帰ってから、名前の確認をしようと思って調べても、
「コアジサシの冬羽?」、だって今は6月ですよ。
「アジサシ?」頭が違うよね。



この鳥さんの名前、なんでしょう。
分かりますか? 
教えてください。
 

サラサヤンマ ♂


今日はいいお天気、畑は雨が沢山降って、やれないので、トンボを撮りに行ってきました。
コフキトンボ、コシアキトンボがたくさんいます。
去年、オビトンボ型というコフキトンボの雌を撮ったので、今年はどうかなと思ったけど、見つけられませんでした。
白っぽい♂ばかりいました。
コシアキトンボは、なかなか止まってくれないし、良く高いところを飛んでいます。上を見ていたら、なんと高いところに止まっています。

ぐるっとまわって、実験池のほうへ行きました。
ヤンマらしいトンボがいます。
止まってくれないかなと思っていると、止まってくれました。



飛んでいるのは撮れませんから。
せっかく止まってくれたので、撮りました。
目の前でホバリングしてくれたので、試しに撮って見ました。



なんとかわかるぐらいに撮れました。



実験池の周りをウロウロ歩いてみました。ベッコウトンボがいたけど、羽の模様を確認しているうちに撮り損なってしまいました。
キイトトンボが沢山いました。
ここにアオイトトンボがいました。
もういるんですね。

ショウジョウトンボ、未成熟と真っ赤な成熟したものがいました。

 

可睡ゆりの園



昨日行きそびれたので、今日行ってきました。
あいにく雨になってしまったけど、来週では遅くなってしまうかと思い、行ってきました。
思うことは同じか、雨にも関わらず、たくさんの人が来ていました。

この一面の黄色いゆりが見事でした。
黄色と言っても、花色が微妙に違う何種類かが植えられています。

ピンク、白、オレンジなどそれだけのところもあります。

五色の帯のように植えられたところもありました。



ここからはお隣の可睡斎の建物も見えました。



池があったり、滝があったりします。



ゆりの天ぷらも食べてきました。



ゆり輪辺(球根)、ゆりの花の乾燥、ゆりのつぼみ、ゆりの花芽

球根は、ジャガイモのようなサツマイモのような味、でんぷんですね。
花の乾燥は、茶色っぽい長いもの
緑のつぼみは、しし唐かと思ったけど、辛くないんです。
花芽は、赤いものかな。ピーマンというか、カラーピーマンがありますよね、あの赤い感じでした。
食べた後で、パンフレットに載っていたこの説明を見たので、これがそうなんだと思ったんです。
 

遺跡の発掘現場


東名の豊田PA近くを走っていて、見つけました。
遺跡を発掘しているんですよね。
新聞などで見た覚えがないんだけど。



これは道の南側、北側もお茶の木が掘り返されて、これから発掘をするのかな。
実際に発掘をしているところを見たことないから、ただ珍しくて、写真を撮ってきました。



今日は土曜日、お休みなんでしょうね、誰もいません。
大きな建物があったのかしら。



磐田原台地には、遺跡があちこちにあるようですよ。
 

本勝寺の紫陽花



ゆり園の予定が変わって、本勝寺の紫陽花を見てきました。
駐車場の人はまだ早いと言っていたけど、つぼみが沢山あるわけでもなく、お寺の方に聞いたところ天候のせいで、花が少なく、もう終わりになるとおっしゃってました。



実際、これから咲こうと言うつぼみはあまりないんです。



そのわりに花が少ない。我家の紫陽花もそうだけど、春に雨が多くて、大きくなって、花芽が出来にくかったんじゃないかな。(想像です)

ウズアジサイです。



以前には、蓮の鉢はなかったけど、これから咲きますね。
こんなに大きなつぼみもありました。



七福神があちこち置いてあったり、水琴窟もあります。
 

ベニイトトンボ



草取りはお休みして、ひょうたん池へ。
トンボを撮るのは久しぶりです。
ひょうたん池は、イトトンボが多いです。
ベニイトトンボが沢山います。

仲良しさんもいっぱい。
小さい水草が一杯だから、写真には綺麗に撮れないのよ。(ーー;)




これはクロイトトンボ。




これはアオモンイトトンボ。



モノサシもいたけど、キイトは見なかったな・・・

 

今日の花菖蒲 「桃霞」


午前中は雨といっても、ぱらぱらぐらいでした。
加茂花菖蒲園で買ってきた「桃霞」が咲きました。
似たような「駒繋」が一応あるけど、辛うじて株があるという状態で、今年は花は咲きませんでした。来年だって咲くか分からない、株が無くなりそうな状態なんです。今年は田んぼに植えて、なんとか大きくしたいと思っています。

「桃霞」は濃いめのピンクが綺麗な花です。
沢山増えるといいな。

「美吉野」や「伊勢路の春」もピンクだけど、もっと濃い色です。


昨日は草取り、今日は雨の中、苗を植えたりして、疲れました。
きゅうりやミニトマトの棚も作ったので、とりあえず、一仕事終わりかな。
この雨がいつまで続くやら。
 

ケリの雛



去年は、ケリを追いかけていたので、もっと小さい時に雛の写真を撮っていましたが、今年は、畑仕事が忙しくて、やっと撮ったケリの雛はもうこんなに大きくなっていました。







雛は2羽居ました。羽を上に上げています。左にもう1羽写っています。

HPに去年のケリの雛が載せてあるのでご覧くださいね。
撮影日を見ると分かるように、まだ小さいです。
チドリ科の頁 の下のほうです。

やっぱり両親が揃って見守っています。

親

立っている1羽を見つけた後、田んぼを見ていると、座っているもう1羽のケリの親を発見。

親

畑に居るとケリの鳴き声がするので、又居るなと思っているけど、最近は、トンビやカラスを追い払っています。カラスはまだしも、トンビにまで向かっていくのにはびっくりします。かなり遠くに居ると思われるトンビにも、出向いて行って追い払うんですよ。
カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。