スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

ハンミョウ


公園で見つけました。
名前は知っていたけど、見るのははじめてのハンミョウ。
こんなに綺麗な虫なんですね。

ミチオシエとも呼ばれるのは、人が歩くと前に飛んではとまるので、まるで道案内をしているようだということからついた名前です。

体長20mmの小さい虫です。

スポンサーサイト
 

ムカシヤンマ


チョウチョ狙いで出かけてきましたが、お目当てのチョウチョには出会えませんでした。
代わりに見つけたのはムカシヤンマ。
なにやら飛んで来て、太い木の幹にベタッと張り付いたのがこのトンボです。
こんなトンボは初めてなので、一生懸命撮りましたよ。
幹に止まるトンボは初めてです。
移動してやっぱり幹に止まります。



離れた湿地帯にいたのはカワトンボ、最初イトトンボを探して、わからないなぁと思っていたら、カワトンボでした。
カワトンボは分類が変わって、カワトンボとオオカワトンボになったそうです。
分類の細かいことは分かりません。m(__)m

 

摩訶耶寺(マカヤジ)の庭


摩訶耶寺/マカヤジ(三ヶ日町) 726年行基がつくったと伝えられる寺です。
一本の木を彫って作られた千手観音像(センジュカンノンゾウ)と不動明王像(フドウミョウオウゾウ)は国の重要文化財です。
鎌倉時代につくられた歴史の古い庭園も有名です。

この庭園が、アメリカの日本庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズガーデン」の2006日本庭園ランキングで7位に選ばれたそうです。
ちなみに4年連続の1位は島根県の足立美術館だそうです。

去年の3月に見てきたので、載せますね。
まだHPにはアップしていないんです。m(__)m

クリックで拡大

クリックで拡大


クリックで拡大

クリックで拡大
 

長島ダムのシバザクラ ピンチ

去年綺麗に咲いたと新聞に載っていたシバザクラ、今年はなんと鹿に食べられて花がまばら、場所によっては地面が露出しているそうです。

ここのシバザクラは景観だけでなく、大雨から斜面表土を保護する目的もある大事なもの。
なんとかしようと、外周に高さ2mの網を張ったり、新たにシバザクラを植えたりしています。

鹿にとっては他に食べるものがないのか、シバザクラが美味しいのか、どちらなんでしょうね。
 

ウズラシギ と エリマキシギ


ウズラシギ2羽と大きいシギはエリマキシギ1羽のようです。
赤茶の帽子はウズラシギだと思います。
昨日見た2羽でしょうね。
もう1羽は?
なんとなくエリマキシギ?

クリックで拡大

羽は似ているけど、シッポのところの模様がちょっと違うようです。
大きいのは赤茶の帽子はないようです。

クリックで拡大

ウズラシギなら、♂・♀は同じ大きさですよね。
大きい1羽は、エリマキさんでいいかしら。

似ているシギは難しいです。
 

ウズラシギ \(^o^)/


今日も大池を覗いてみました。
オオハシ君、餌とりに忙しそうでしたよ。
セイタカやエリマキはいないかなとさがしていると、何やら2羽いましたよ。

パッと見て、エリマキが2羽いると思って撮ってました。
エリマキ2羽、♂と♀じゃないのかな、大きさが変わらないようだし、なんて思っていました。



PCに取り込みながら、他の人のBlogなど見ていたら、あらまぁ、ウズラシギだって。あらためて撮った写真をよく見たら、エリマキシギの嘴とはちょっと違うようですね。
羽の模様の違いはあまりわからないです。同じように見えるんだもの。



自分で撮った写真では多分わからなかったと思うから、ラッキーでしたよ。
ありがとうございます。
鮮明な写真ではないから、よかったです。

頭の色は赤茶色かな。



もっと近づいてくれればよかったけど、思い通りにはいきません。(ーー;)



近づいてきても、葦が邪魔をして撮れません。(ーー;)
ここには3羽いたようですが、2羽しか確認できませんでした。

 

ドジな私 (ーー;) トンボと蝶


野鳥はなかなか撮れないので、チョウチョ狙いで出かけました。
肝心のチョウチョには出会えず、がっかりです。

そんななか、ガということは分かっているけど、珍しいガにあえたので撮ってきました。



ヤママユガ科のオオミズアオ、たぶんこれだと思います。
大喜びで調べたら、あ~ぁ、がっかりです。
羽化したばかりのようですが、前翅だけだったんです。
後翅は、まだクシャクシャで、これから伸びるんですね。
伸びるまでにはどれぐらいの時間がかかるんだろう。
知っていれば、もうすこし観察してきたのにな。

でも、前翅がこんなになってから、後翅が伸びるのかなぁ。

オオミズアオを観察したかたがいらっしゃいます。
オオミズアオの羽化

観察最初から


もう一つは、トンボの羽化。
やごから身体を出して、反っていたのは知っていたけど、まさか途中だったとは。もう遅いから、羽化に失敗したのかなと勝手に決め付けていたんですよ。
写真を撮っていればよかったのに、失敗だと思い込んでいたから撮らなかったんです。
もう一度まわってみたときには既に身体が出た後で、羽が真っ白だったんです。



羽化の様子を見たかったのに、惜しいチャンスを逃しました。
午前中に羽化するとばかり思い込んでいたけど、3時すぎだったんです。
曇り空だったからかしら。

このトンボの種類は、遅かったから、ゆっくりと観察しなかったのでわかりません。
 

熊野の長藤まつり


毎年行われている藤娘の撮影会、今年は撮ってみました。
今まで一度も見たことがなかったんですよ。
30日(月)にもありますから、どうぞお出かけください。

熊野の長藤、まだちょっと早いんですが、見てきました。
今度の週末ぐらいがいいかな。
でも、お天気が心配ですね。天気予報は当らないから。
(今日は雨の予報が外れて、なんとか1日もちました。 晴れまたは曇りの1日でした)

熊野公園 長藤


熊野公園での撮影会だと思っていたら、行興寺で行いましたよ。
まずは、国指定天然記念物の藤の前で。
この藤はまだまだですが、もう少しすれば綺麗な長藤になると思います。(去年そうでしたから)

国指定天然記念物の藤の前で

まずは3人での撮影。その後、一人ずつに分かれて、撮影会です。
藤娘と一緒に撮影されている方もいらっしゃいますよ。
お願いして、撮らせてもらうのも記念でいいですね。





毎年撮っている方からは、ポーズのリクエストです。



ここが藤と藤娘が綺麗に見えました。
他のところは、藤がバックになるだけです。



今まで、花や野鳥などを撮っていただけだから、人を撮るのは初めてで、難しいです。
何にも考えていなかったので、後からああすればよかった、こうすればなんて後悔してます。(ーー;)



詳しくは長藤まつりイベント情報をご覧ください。
 

大池のシギ


随分寂しくなった大池ですが、まだまだシギがいてくれます。
セイタカさんは、ひとりで越冬してくれました。
今日もいましたよ。

セイタカシギ

オオハシシギもひとりで越冬、ずいぶん色が変わってきていますね。
完全な夏羽はどういうものかしら。

オオハシシギ

トップと同じエリマキシギです。
越冬していた2羽とは違う個体のようで、
まださほど色が変わっているようではありません。
1羽確認しただけですが、仲良しの越冬ペアはもういないのかな。

エリマキシギ

なんとなく♀かな?

一時、三羽見たときの♀は足が赤く見えたけど、これは黄色?のようでした。


 

JTrimで風船


この風船、sunaさんが考案されました。
詳しい加工方法は、sunaさんのサイトをご覧ください。
風船の頁はこちらです。

真似をして作ってみました。



中にレンゲの花を入れてみました。
背景色に色を指定してフェードアウトするのがコツですね。
円形切り抜きをして、風船の下のほうを「つまむ」と風船らしくなります。
風船の紐は、直線を描いた後「パンチ」をすると曲がるんですね。
sunaさんのひらめきには脱帽です。

一つの風船を作れば、「RGB交換」などで簡単に色違いが出来ます。



風船を沢山描いて見ました。
合成をする時に、ただ「明るい画素優先」「暗い画素優先」をやっても下の色が出てしまうことがあるとか。
そのために、下のような画像を作って、それを「明るい画素優先」で合成してから、合成したい風船を「暗い画素優先」で合成します。



面倒ですが、綺麗に合成できます。
トップの画像がそれです。

風船の角度を変えたりして作るといいものが出来るでしょうね。




カレンダー
03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。