スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

やっと キビタキ♂成鳥を!! (BlogPet)

mitchanの「やっと キビタキ♂成鳥を!! 」のまねしてかいてみるねのキビタキ、鮮やかな色ですねぇ~*このエントリは、ブログペットの「ラビィ」が書きました。
スポンサーサイト
 

熊野の長藤(ゆやのながふじ)


今年も熊野の長藤、房が長く伸びています。
行興寺の天然記念物のほうは、まだ短いですが、
裏の記念公園の藤は、そろそろ見ごろです。







<















熊野の長藤(ゆやのながふじ)
<<<<
<<<<



行興寺の境内には、ピンクの房が短い藤も咲いています。

 

やっと キビタキ♂成鳥を!! 


キビタキの♂、綺麗な色でした。
目の前に止まってびっくりでしたよ。

まず、ヤマガラが飛んできたんです。
これもほとんど目の前だったけど、見ただけ。
冬に見なかったから、お久しぶりのヤマガラさんでした。
撮ろうと思っているうちに飛んで行っちゃいました。(ーー;)

続いて飛んできたのがキビタキ、それも鮮やかな♂・成鳥です。
これが見たかったのよ。

だ・け・ど、あまりにも目の前過ぎて・・・
ほとんど真上、4~5mといったところかな。
歩いていてちょうど飛んできたから、準備が出来ていなくて、
片手撮り。
オートフォーカスのいい面ですね。
この大きさでノートリミングなんて、まずないです。
ピントがちゃんと合っていなかったのが、残念。
シャッターは2回しかきれなくて、連写できればよかったけど、
なにぶん片手だったから。
(1枚はボケボケだったから、これ1枚きりなの)








<









今日の鳥見 4月23日
<<<<<



モズは♂・♀同じ場所で、飛び回っていました。
ホオジロは、ふと気がついたら、目の前でお食事していました。
これも片手で。

今日はテレコンを落としちゃったけど、レンズに異状はなさそう。
良かった。
 

お初のギンイチモンジセセリ \(^o^)/








<











ギンイチモンジセセリ
<<<<<<

 

ツマキチョウ♀、やっとゲット \(^o^)/ 


ツマキチョウの♀、やっと撮れました。
♂と♀が一緒の写真は難しくてダメです。(ーー;)

オンマウス→クリックでどうぞ。







ツマキチョウ

<>


ツマキチョウの♂は、翅のさきに橙色があります。
オンマウスは♂の翅裏、クリックは、♀の翅裏。
 

鉛筆画を使って 3


すっかり嵌っちゃいました。
でも、画像選びでこれだけ違う加工も少ないのでは。

紅梅での加工、われながら気に入りました。

トップの画像を元のサイズで表示する。

まず、元の画像です。



オンマウスで表示されます。







<







鉛筆画を使って  紅梅
<<<<



表示された加工を、順番にやりました。

いろいろな画像でやってみました。
それぞれの持ち味があるかな?
鉛筆画を使って(あやめの場合)
鉛筆画を使って(木瓜の場合)
 

鉛筆画を使って 2


使う画像によって、こんなにも難しいものはないです。
もしかして、と思って、バックがすっきりしたものをさがしてみましたが。
今度は木瓜の花を使ってみました。

元の画像は次の画像です。

木瓜 元画像







<












鉛筆画の加工 (ボケの花を使って)
<<<<
<<<<



いろいろな加工をしてみました。
やっている途中に新しい加工を見つけたので、
私なりにやってみましたが、いかがでしょうか。

最後の加工、テクスチャでコンクリートを指定して加工した後、
新聞写真風の加工を足したものです。

画像を300%(1500px)に拡大して、
同じ大きさの新聞写真風(ドットの大きさ5)のものをコピーして、
編集→合成(透明度を指定して合成 75~80ぐらい 数字はお好みで)、
加工後500pxに縮小
 

ラビィがmitchanは応用(BlogPet)

ラビィがmitchanは応用ー!*このエントリは、ブログペットの「ラビィ」が書きました。
 

鉛筆画を使って


どてかぼちゃさんの加工は素敵なものばかりです。
この鉛筆画を使っての加工もいいですよ。
とはいっても、なかなか思うようにならないのが、
悩みの種です。

鉛筆画を使っての「色紙風」というのもあって、ぜひやってみたいと思っています。
いい画像がないためか? 思うようにできません。

さて、鉛筆画のほうです。
元の画像は、アヤメです。



もっとバックがすっきりしたほうがいいとは思うけど、
とりあえず、やってみました。

単純に縮小

さて、加工したもののちょっと色が濃いかなと思うので、
「γ補正」で薄くしてみました。

「γ補正」で薄く

次のは、コントラストというのを使ってみました。

コントラスト

画像縮小をするのに、画面キャプチャを使ってみました。
(JTrimの画面を、縮小したいぐらいの大きさに表示させて、別のJTrimを使ってキャプチャします。)

画面キャプチャ

上の画面キャプチャ、バックの感じはいいかなと思うんだけど、
手前の花やつぼみに顕著なボツボツ感が好きになれません。
(もしかして、濃い色は向いていないのかな。試してみるべきかな。)

単純に縮小したものは、どちらかというと水彩画の感じかな。

ちょっと、いろいろ載せすぎちゃったかな。
ようは各自のお好みです。

ここに載せた画像、各自のやり方・画像によって違いますから、
加工をやってみて、気に入った画像にしてくださいね。


加工手順

1.加工→鉛筆画、コピーする。
2.鉛筆画の線を濃くするとき
  カラー→ネガポジ反転、コピーする。
  編集→合成(加算)
  カラー→ネガポジ反転、コピーする。
3.鉛筆画にする前の画像に戻す。
  編集→合成(透明度(40)を指定して合成、数字は好みで)
4.カラー→ヒストグラム(ノーマライズまたはイコライズ)

ここまでで、出来た画像が気に入ればOK。
気に入らなければ、どてかぼちゃさんのページを参考にして、いろいろやってみてくださいね。

参考 どてかぼちゃさんの 鉛筆画を使って
 
  
 

川原のチドリ (シロチドリとコチドリ)


川原の野球場でシロチドリ(4)とコチドリ(1)を見つけました。
コチドリはいつもは大池だし、シロチドリは海岸沿いにいるのを見ただけです。
こんなに内陸部にも来るんですね。
自信がないから、本当にシロチドリか画像を見てもらいました。








<









シロチドリと他
<<<<<<



ツグミがあまりたくさんいるから、何羽いるのかと数えて見ました。
50羽はいましたよ。これから帰る準備なのかしら。

ところで、このシロチドリの中に1羽、足に橙色と青色のテープ(?)を巻いているものがいました。
どこかで観察用に付けたのでしょうか。
こういうのは、どこかで調べることが出来るのかしら。
お分かりの方は、教えてくださいませ。
大きいままの画像ですが。
上の1と2にもそのシロチドリが写っています。




追記 4月12日

  財団法人日本鳥類保護連盟のHPの「足環などのついた鳥を見つけたときは」というページから、
それぞれの場合に応じたサイトに進むようになっています。
今回は、「フラッグの付いたシギ・チドリ類を見つけたら」ということで、ページを見てきました。
右足に足環、左足にはフラッグ(上が青、下が橙)から、熊本県 荒尾海岸のようです。

同じように、山科鳥類研究所のHPから、足環のついた鳥を見つけたらのページに、詳しく載っています。
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。