スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

渦巻き加工を使った 円形額縁


suwaさんが公開されている、「渦巻き加工で円形額縁作成」をやってみました。
円形切抜きと渦巻き加工がメインの簡単な加工ですが、発想が新しいですね。
早速やってみました。

円形額縁の画像は、赤とか入っていたほうが綺麗だと思うので、
庭のバラの画像を使ってみました。
suwaさんは、細かく数字を書いていらっしゃいますが、
手抜きの私は簡単に作りました。

額縁に使う画像を500X500pxで用意する。
(表示サイズは400X400です。)



円形切抜きをする。
額の幅を50pxにするので、縦・横を小さくした画像(400X400px)を円形切抜きして、
二階調化・ネガポジ反転を使って、白く切り抜いてドーナツのような形にする。



この画像に渦巻き加工をします。
「加工」→「渦巻き」 渦の角度を右側へ一杯にします。
もう一度、「加工」→「渦巻き」 渦の角度を右側へ一杯にします。
(ここでは、渦巻きを2回実行しましたが、1回でも3回でもお好みでどうぞ)



このままでも良いし、たとえば、横長に変形させます。
500X360pxに変形してみました。(表示サイズは、400x288 です。)






次に、先ほどのドーナツの画像を元に、逆回転させてみました。

「加工」→「渦巻き」 渦の角度を左側へ一杯にします。
もう一度、「加工」→「渦巻き」 渦の角度を左側へ一杯にします。
(ここでは、渦巻きを2回実行しましたが、1回でも3回でもお好みでどうぞ)



このままでも良いし、たとえば、縦長に変形させます。
360X500pxに変形してみました。(表示サイズは、288x400 です。)




出来上がった額縁は、BMPで保存しておくといいですね。


次に、中へ入れる画像を準備します。

中の画像は、先日撮ったハッチョウトンボです。



このまま円形切抜きをして合成してもいいけど、
ハッチョウトンボを目立つようにしてみました。

「カラー」→「グラデーション」 色:白、不透明度:50



上のグラデーション加工した画像に、元画像をフェードアウトした画像を
暗い画素優先で合成します。



この画像を円形切抜きをして、横長の円形の額縁に合成したものが
トップの画像です。



フクシアの花をフェードアウトして、
縦長の額縁に入れてみました。
いかがでしょうか。




合成方法は、範囲指定をしてから、「編集」→「合成」(暗い画素優先)で出来ると思います。

詳しい加工方法は、suwaさんの「楽しくチャレンジJTrim」
「渦巻き加工で円形額縁作成」をご覧下さい。






スポンサーサイト
 

イチモンジチョウ(BlogPet)

mitchanの「イチモンジチョウ」のまねしてかいてみるね今季初のイチモンジチョウ*このエントリは、ブログペットの「ラビィ」が書きました。
 

イチモンジチョウ


今年もイチモンジチョウに出会いました。
小さい画像をクリックしてください。






<


イチモンジチョウ
。。<。。<。。<。。<。。<    





 

AF泣かせの ハッチョウトンボ


日本最大のトンボは、オニヤンマ、11cmぐらいあります。
世界では、オーストラリアにいるムカシヤンマの仲間は15cmあるそうです。
東南アジアにいるトゲオヤンマの1種は、翅を広げると左右で17cmあるとか。
また、中南米産のハビロイトトンボ科の中には、
体の長さが16cmもある細長いイトトンボ類もあるそうです。
小さいほうでは、体の長さが1.6cmしかない超小型のトンボが数種類あって、
このハッチョウトンボがその仲間だそうです。
つまり、世界一小さいトンボなんだそうです。

       ・・・・・・・・・・ 「トンボのすべて」より 抜粋


どなたかのBlogで、ハッチョウトンボの記事を見たので、
そろそろいるかなと出かけてきました。
いましたが、小さいです。
すぐ近くで見れるならいいけど、ちょっと離れていると探すのに一苦労。
まして撮るとなると。
AF泣かせのトンボです。

♂

そこにいるのに、見えているのに、ピントが合わないんです。
いつもイトトンボを撮るように、すぐそばにカメラを持っていければいいけど、
それも出来なくて。
湿原ですから、入って行けないんです。
粘って、ねばって、何とか撮った写真です。

♂

上の三枚は同じ個体ですが、この個体が一番近くで撮れたもので、
他のものはボケボケでした。

下のトンボは残念ながら、
♀ではなくて、未成熟の♂だったようです。

未成熟♂

再挑戦して、♀をゲットしてこなくては。
 

オープンガーデン


お天気がよかったら島田のバラ園へ行くつもりでしたが、
あいにくの予報です。
午後雨の予報なのに、朝からパラついています。
こんな日では仕方がないので、遠出はあきらめました。
まだすぐに降ってくるようでもないので、オープンガーデンの見学に行くことにしました。
公開日なんです。
普段は電話連絡してから見学させてもらうお宅でも、今日ばかりは連絡なしでも見学させてもらえます。

一番見たいところはやっぱりSさんのお宅です。
以前にも見学させていただいたお庭です。
以前はハーブがメインのお庭でしたが、今年はバラが綺麗に咲いていました。

Sさん

お庭と畑をハーブガーデンにしたところが見学できて、こういうお庭にしたいなって思いましたよ。
手が足りないから、すぐにジャングルになっちゃうのが困りものですが。
今の季節、赤いポピーがいいですね。
来年は(鬼が笑う?)わがやでも植えようかな。

Sさん

もう1軒は、Sさんのお近くのIさんのお宅のお庭です。
畑だから、広いですよ。
お一人で手入れをされているとのこと。
やっぱり大変です。

Sさん

見たいお庭は他にもたくさんあるけど、近くにあるわけでもないので、
なかなか回れません。
 

紹介するつもりだった(BlogPet)

きょうは、紹介するつもりだった?だけど、きのう、mitchanのエントリっぽい加工したいなぁ。それで再現したいなぁ。*このエントリは、ブログペットの「ラビィ」が書きました。
 

ギョギョシは 初見・初撮りなんです。


鳥見を始めたころは、ギョギョシ、ギョギョシ・・・と賑やかな声で、
なんていう鳥なんだろうと思っていました。
オオヨシキリだと分かってからも、相変わらず声だけで、
姿を見たことはなかったんです。

オオヨシキリを綺麗に撮っている方がいて、「今年こそは!!」と出かけて、
やっと撮れました。
本当は昨日行くつもりだったけど、風が強すぎたから延期して、今日行ってきたんです。
着いてすぐに、比較的近いところを横切って止まる鳥がいて、
なんだろうと見てみると、それがオオヨシキリだったんです。
準備が出来ていなくて、それは撮れなかったけど、見れば遠くだけどいるではありませんか。
葦につかまっているから、風が吹けばゆらゆら揺れて、撮りにくいですよ。

なかなか近くでは見つけることができなかったけど、
遠くでは大きな口をあけています。
真っ赤な口ですね。
そうこうしているうちに、ときどき半分ぐらいの距離のところにも見えるようになって、
こうやって撮ることが出来ました。

サムネイルにマウスを乗せて、ご覧下さい。
(オンマウスで画像が変わります)






<















ギョギョシ、ギョギョシ・・・は オオヨシキリ
<<<<<
<<<<<


 

今年も クロハラアジサシ


コアジサシがダイビングしている!って、見ていました。
ホバリングしているときを撮れたらいいのになって思いながら。
ダイビングをタイミングよく撮れたら有頂天なのになぁ~ なんて。

1羽だったり、2羽だったり、3羽一緒のときも見ました。
全部で何羽いるのかな。
飛んでいるのは無理なのは分かっているので、杭に止まっているのはいないかなって探しました。
ちょうど1羽が止まっていました。
撮ったときは何にも思わなかったけど、家に帰ってからPCで見たら、
なんと、クロハラアジサシではありませんか。
お腹も頭も黒いから、夏羽ですね。



2006年9月に初めて見て、翌年の9月にもやっぱりやってきました。
そして今年は5月です。
毎年来てくれますね。(台風の後がねらいめのようです。)
 

アルバム 浜名湖ガーデンパーク


ちゃちゃまるさんの「ポラ風フレーム と アルバム風アレンジ」をやってみました。
画像は、いつものようにガーデンパークの写真です。

加工手順 (詳しい手順は、ちゃちゃまるさんのサイトをご覧下さい)
? ポラロイド風のフレーム
  「イメージ」→「余白作成」を2回やります。
   ?余白の大きさを上・右・左それぞれ20、下は60を指定。
    余白の色は白 で OK
   ?余白の大きさ・全て1。
    余白の色は黒またはグレー で OK

次の画像のようなポラロイド風にできます。



このポラロイド風には、影をつけませんでしたが、
ちゃちゃまるさんのようにつけるといいですね。


? アルバム風にアレンジ
 ?縦440pxX横480pxで、新規作成します。
 (上で作ったポラロイド風をアレンジしてもいいけど、
  上の画像がそのまま入るようなサイズで、新規に作りました。)

 ?左側に、文字入れを使って、リングの穴を作ります。
  フォント:MSゴシック、フォントサイズ:14
  色はグレー(#808080)
  縦書と透過にチェック
  ■とスペースを交互に入れて、位置は手のひらでつかんで調整します。

 ?入力した■部分をドラッグして囲んで、
  「加工」→「エンボス」 (色つきにチェック、レベル5)

 ?画像の周りに枠をつけます。
  「イメージ」→「余白作成」
   余白の大きさ・全て1、余白の色は黒またはグレー

 ?影を付ける
  「イメージ」→「影を付ける」

 ?左側にリングを入れる場所を、余白作成で作る。
  「イメージ」→「余白作成」
   左側だけ5px、色は白。

 ?文字入れで、リングをつける。
  いいフォントがないので、長めの=を使いました。
  フォントサイズ:20、文字色:黒、透過にチェック
  (リングの数だけ、文字入れをします。)



最後に、コメントを入れてできあがり。




オンマウス→クリック→ダブルクリック で ご覧下さい。







アルバム 浜名湖ガーデンパーク

<>


出来た画像を使って、ページをめくって見るアルバムを作ってみました。
こちらをクリックしてご覧下さい。



参考 ちゃちゃまるさん「ポラ風フレームとアルバム風アレンジ」
 

skyさんの「風かおる」で使用の模様の再現


「偶然に出来たので、再現できませんでした。」とのお言葉にがんばってみました。

渦巻きに使った元の画像が分かっているので、それを作ります。
(skyさんの加工手順を参考に再現)

1.丸い模様は130pxの正方形の大きさの白紙を作成し
「文字入れ」で[MSゴシック:100p:色任意]で[●]を一つ入れます。
 (ここでは、緑を使いました)



2.「ウェーブ:1」実施。

3.「カラー」→「グラデーション」 色1・色2ともに:白、不透明度:60



4. 余白作成(上:440、下:100、左130、右:190)

5.「ガウスぼかし:4」を実施。




6.「渦巻き:渦の角度:540」で「(」のような模様になります。



出来た画像を使う場所により、このままでもいいし、変形させてもいいですね。
色も「RGB交換」などで、簡単に変えることができます。

3でグラデーションを使っていますが、これは、skyさんが使われた合成の方法では、私には、色を変えることが出来なかったからです。


なんとかできたこの模様で、skyさんの画像に挑戦。



あいにく、右側に入れる画像がないので、そのまま空白のままです。(ーー;)

似ていると思っても、やっぱり違いますね。


トップの画像を大きくして見る。


参考 skyさんの 風かおる

カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。