スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

水玉フレーム 2


前回作った水玉フレームは、加工ソフトの既製フレームを使った作品を真似しましたが、
今回のフレームも同じ加工ソフトの既製フレームを使った作品を真似させていただきました。

まず、JTrimを立ち上げて新規作成。
前回と同じように、文字入れで「●」を入れます。
サイズと不透明率度を変えて、お好きなように作ります。
今回は色つきで作ります。

水玉画像

上の色は、「RGB交換」「HSVカラー調整」「RGBの度合い」などで変えることが出来ます。


使いまわしのアゲハチョウを入れてみます。

元画像

上の画像をフェードアウトしてフレームに合成します。
合成の都合上、一回り小さくしてからフェードアウト、余白作成で元のサイズにしました。
(今回使用した画像は500x375、横460にして加工してから、500にしました。)

アゲハチョウのフェードアウト


白抜きのための画像を準備します。
新規作成(今回は横460で)、背景を黒にして、フェードアウトします。
余白作成で、元のサイズにします。

白抜き用の画像


最初に作った水玉の画像を白抜きします。
「編集」→「合成」 加算
このとき、水玉の部分が周囲に残るようにします。
もし、消えてしまったところがあったら、フェードアウトした画像2枚のサイズを小さくして、やり直します。

加算で合成

この画像にフェードアウトしたアゲハチョウの画像を合成します。
「編集」→「合成」 暗い画素優先

暗い画素優先で合成




スポンサーサイト
 

PhotoScape で 雨降りアニメ


探し物をしていて、「雨降りアニメ」の作成方法・PhotoScape版を見つけました。
PhotoScape は、使い始めたばかりなので、どんな機能があるのかわかっていませんが、真似してみました。

元画像は、ルリマツリ。




テクスチャにある line_diagonalとline_verticalを使います。
画像は2枚必要なので、1枚は回転させて使います。


雨降りアニメ 1

GIFアニメにするのは、GIAMでもできるけど、PhotoScapeにも機能があるので、
それを使ってやってみました。
画像を2枚ドラッグして、時間を設定するだけです。
簡単に出来ました。

雨降りアニメ 2


参考 パソコンdeあれこれ さんの「PhotoScape で 雨降りアニメ」
 

ユニコードで絵文字


ユニコード、普段聞いてもたいして気にしていなかった言葉ですが、
なんちゃってクリアエンボスのREIKOさんのHP内、連動ブログに 
Unicode 文字で唐草模様を作るという記事があって、こういう変わった文字(模様?)が使えると面白いだろうなと思いました。

今日、パソコンdeあれこれ さんのBlogを覗いたら、ユニコードを使っていろいろな絵文字を使うことが出来るのを知りました。

ちょっと試しにやって見ました。
私のPCのワードでは、「かさ」を入力しても傘の絵文字は出てきません。
他にどんな模様が出てくるのか見てみました。
いろいろな模様(文字も含めて)があります。
これをJTrimで使えると、模様の幅が広がります。
楽しそうですね。

ユニコード文字の出し方。(画像上でマウスが手の形になったら、拡大表示できます)

JTrimでは、表示されないようなので、WORDを使ってやってみました。
WORDを起動します。
下のように、「IMEパッド」→「文字一覧」をクリックします。



Unicode、その他の記号、Arial Unicode MS と 三ヶ所設定すると、下のような絵文字の場所が表示されます。
「その他の記号」のところをクリックすれば、いろいろな文字などが表示されます。



いろいろな文字を表示してみました。

ユニコード文字いろいろ

次のような模様も。




トップはチェスの駒、こういう絵文字もあります。


注 WORDでなくても、メモ帳でも出来るようです。



参考 パソコン de あれこれ さんの 絵文字

    睡人亭さんの IMEパッドの文字一覧を利用して入力する―Unicode編

    AzPainter 使い倒し
 

再開(BlogPet)

きのうmitchanの、画像みたいな再開する?

*このエントリは、ブログペットの「ラビィ」が書きました。
 

円形ブラインドの透明枠


skyさんの円形ブラインドを作ったので、今度はその枠を透明にしてみました。

元画像と円形切抜きの画像は、前頁のものと同じです。

元画像

円形切抜き


まず、黒色の長方形を新規作成します。
「余白作成」+「円形切抜き」で模様をつけていきます。
模様は、色は白、透明度を指定する。

今回もskyさんの模様をそのままで、アレンジできなくて情けないです。





上のように出来上がったら、「加算」で合成します。
「編集」→「合成」 加算

この透明枠の画像は、大きいサイズで作って、合成する前に、画像と同じ大きさに縮小しました。

出来上がりはトップの画像です。


参考 skyさんの シジミ蝶
 

skyさんの 円形ブラインド枠


skyさんのブラインド枠がまだやってないんだけど、
その前に円形のブラインド枠をやってみました。
透明枠をやってみたかったんです。

オリジナルな何かを入れればいいのだけど、いい案は浮かばないので
skyさんの加工そのままです。

まず、元画像 デュランタ '宝塚'にとまるイチモンジセセリ。

元画像

この画像を円形切抜きをして使います。

円形切抜き

この楕円形の画像に、「余白作成」+「円形切抜き」でブラインド模様を付けていきます。

ブラインド模様

詳しくは、skyさんの手順をご覧下さい。


出来上がり

円形ブラインド枠


参考 skyさんの 円形ブラインド風
 

水玉フレーム


ラベンダ♪さんに頂いた今年の暑中お見舞いのカードは、ソフトを使って簡単に出来るフレーム枠を使ったものだそうです。

貰ったときに作るつもりだったのにすっかり忘れていたところ、
skyさんがカードを参考に作ってくださいました。
私も思い出したので、早速作ってみました。

カードを参考に作りました。

まず、元画像のバラです。



文字入れを使って、「●」を透明度を指定して白色で入れます。
お好みで入れてください。

「編集」→「文字入れ」で、「文字入れのダイアログ」が表示されるので、
文字は、「●」
フォントはお好みで。
サイズはだいたい 10~100(20~80)ぐらいかな。
不透明率度・・・10~100(お好みで)

「OK」で1つ表示されるので、サイズや濃さを変えて
お好きなように入れてみてください。




最後に背景を白にして、フェードアウトしてみました。
(フェードする範囲:40)




今回は白色で作ってみましたが、他の色でも面白いものができそうですね。
 

畑仕事再開  -白葱-


猛暑ですっかりからからに乾いた畑、苗を植えるにしろ、種を蒔くにしろ、
困ったものだと思っていたら、待望の雨が降ってくれて、
やっと畑仕事が出来るようになりました。
雑草は、草刈機で刈ってあるから、なんとか短くています。



上のような畑の草取りを、白葱を植えるために半分だけやっておいたので、
今日の午前中に植え終わりました。
午後のほうが雨がたくさん降ると思って、雨の中がんばって植えたのに、
午後はなんにも降りませんでした。(ーー;)

悔しいけど、仕方がないから、午後は草取りしてました。
後は、ジャガイモを植えたり、白菜・大根の種まき、
ブロッコリーやカリフラワーなどの苗の植え付け、
当分やることばかりです。

今年の冬の寒さはどうなんだろう。
 

エッジの強調を使った背景


suwaさんの「エッジの強調」を使った画像が素敵なので、真似してみました。
(エッジの強調を使った背景画像が気に入ったので、加工の題まで変えちゃいました。
suwaさん、ごめんなさい。m(__)m )


まず、元画像。

元画像

この画像に「加工」→「エッジの強調」レベルは最高で実行。(加工サイズは出来上がりで)

そのあと、「カラー」→「ヒストグラム」 イコライズ。
画像によっては、イコライズで変化がない場合もあるそうです。

エッジの強調+イコライズ

上の画像、BMPの時とJPEGの時とでは、色合いが変わりました。


以下、背景の画像を合成するまで、もともとの画像サイズ(2560x1920)で実行しました。
中に入れる画像は、フェードアウト(範囲:130)します。

中心画像 フェードアウト

このフェードアウトした画像を使って、画像周りの加工をします。
(模様のギザギザを小さくするために、大きいサイズのまま加工して、合成するときに縮小しました。)

まず、ガラス処理。
  「加工」→「ガラス処理」(単位:30)
次に、ウェーブ。
  「加工」→「ウェーブ」(大きさ:5)・・・3回実行。
そして、二階調化
  「カラー」→「二階調化」
  円の中の白いところがなくなるように。

下のようになります。

二階調化 白地に黒

「カラー」→「ネガポジ反転」で黒地に白い画像も用意する。




中に入れる画像を加工します。
フェードアウトした画像に、二階調化した「白地に黒」の画像を合成します。
「編集」→「合成」 明るい画素優先



次に、二階調化した「黒地に白」の画像を合成します。
「編集」→「合成」 暗い画素優先



上の画像を合成するために、まず、白抜きします。
(二階調化した画像 黒地に白を使う)
「編集」→「合成」 明るい画素優先で合成する。

白抜き

最後に、先ほど用意した画像を合成して出来上がりです。
「編集」→「合成」 暗い画素優先

出来上がり。





参考 suwaさんの「楽しくチャレンジJTrim」より
    「写真を使って縁取り作成」
 

透明枠とはみ出し加工


前回と同じ球根ベゴニアの画像ですが、はみ出し加工をやるためにちょっとトリミングしました。

元画像です。

元画像 球根ベゴニア


上の画像を使って、透明枠の加工をします。
今回はこんな感じにやってみました。

透明枠 球根ベゴニア


この画像を使って、はみ出し加工をしました。
出来上がりがトップの画像です。

カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。