スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

鉛筆画に色づけ  絹目テクスチャ


小国神社の赤い橋、これを使って加工してみました。

元画像

どてかぼちゃさんの「鉛筆画に色づけ?」を参考に加工する。

テクスチャをかける手前まで加工して、トップの画像になります。

この後、コンクリート壁のテクスチャをかけるのと、絹目のテクスチャをかけてみたいと思います。

まず、コンクリート壁のテクスチャ

「カラー」→「γ補正」画像をはっきりさせるために。 0.6ぐらい。
「イメージ」→「テクスチャ」 コンクリート壁:35
「加工」→「立体枠」 スムースのみ、枠の太さ:5

下の画像は縮小されていて、汚く見えるので、クリックして大きくしてご覧下さい。

<画像クリックで拡大表示



次に 絹目のテクスチャ
下の画像は縮小されていて、汚く見えるので、クリックして大きくしてご覧下さい。

<画像クリックで拡大表示


絹目のテクスチャのかけかた(これもどてかぼちゃさんが考案)

「イメージ」→「テクスチャー」キャンバスを薄く
「加工」→「ブロック」
  幅、高さ:2、全てにチェックを入れる。
出来上がりに、画像に応じて微調整

ブロック加工を入れてあるんですね。
こんな風になるなんて、思いもよりません。

以前、新聞写真加工を使ってみたことがあります。こちらをどうぞ




参考 どてかぼちゃさんの「Thank You JTrim」  → 「加工のいろいろ」→「鉛筆画に色づけ」

    末摘む花さんの「末摘む花の雑記帳」 →「三渓園の茶店」(続 鉛筆画に色づけその2)

Comment

こちらへもありがとうございます

suwaさん、こんばんわ。
どてかぼちゃさんの発想はたいしたものですね。
ただの発想ではなくて、知識に基づいての応用といいましょうか、いつも真似ばかりさせてもらってます。

今回はブラインド加工は使っていないんですが、
末摘む花さんによると、ブラインド加工を使ったテクスチャも教えていただいたようです。
ブロックもブラインドも模様としての使い方しか思いつかない私としては、びっくりするばかりです。

2008/11/23 | みっちゃん[URL] | Edit

キャンバスには気付きませんでした。

どてかぼちゃさんの背景処理に悩まされていましたが、キャンバスが隠し味だとは全く気付きませんでした。

画像を拡大して、縦横にブラインド加工をする背景処理は気付いていましたので、私も多用させて頂いてます。

それにしても、どてかぼちゃさんの発想...と言うよりもJTrimに関しての知識と技量には敬服の思いです。

2008/11/23 | suwa[URL] | Edit

        
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。