スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

相良油田


相良町まで行ってきたので、相良油田のあとを見てきました。
相良油田は太平洋岸唯一の産油地。
明治5年に石油を発見したことから始まって、最盛期が明治17年ごろ、昭和30年ごろまで約80年間、相良の一大事業として行われました。
相良油田の原油は、ガソリンや灯油分を多く含んだ極めて軽質な原油で、世界にもまれにみる良質な原油です。
一枚目は「油田の里公園」の様子で、油田資料館や手掘り小屋があります。
手掘り小屋内部のジオラマ
資料館内にある、ジオラマで、手掘り井戸小屋内部の様子です。
原油
右側が相良の原油、左側が新潟県の新津油田の原油です。現存する石油坑
公園の近くにある機械坑の跡です。

Comment


        
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。