スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

絵画風で 木製風の額


この枠、木製の額のようで気に入ってます。

TOPの画像を拡大して見る。<クリックで拡大表示



簡単手順。


下の画像は、ホタル枠で使用したものです。
この模様を使います。




500X375の画像が中に入る大きさにしました。
余白作成(余白:50)で額縁の大きさを増やします。
背景色を指定します。(色はお好みで)

フェードアウトで色をつけます。(範囲:50、お好みで)

(以下の画像は縮小表示してあるので、クリックで拡大表示できます。)

<画像クリックで拡大表示




「カラー」→「ポスタライズ」(段階数:4、お好きな数字で、3~5ぐらいがいいかな)

<画像クリックで拡大表示


上の黒地に白の飾り模様を加算で合成します。
(サイズを同じにしたもので行ってください。)

<画像クリックで拡大表示


飾り模様の色を濃くして、ネガポジ反転させたものを使って、
模様に色をつけることができます。
(ガンマ補正とネガポジ反転を使用)

<画像クリックで拡大表示



「カラー」→「グレースケール変換」 & 「加工」→「エンポス」レベル:3

<グレースケール変換  画像クリックで拡大表示 <エンボス3  画像クリックで拡大表示



「カラー」→「セピア色変換」

<画像クリックで拡大表示


エンボス:3 & HSVの色相で変化

<セピア・エンボス3  画像クリックで拡大表示 <色相1  画像クリックで拡大表示

<色相2  画像クリックで拡大表示 <色相3  画像クリックで拡大表示



単色カラースケールを使う(使う色はお好みで、ここではオレンジ色)
明るさ/コントラスト、ガンマ補正、エンボスなどを使って調整する。

<画像クリックで拡大表示


以前どてかぼちゃさんに教えていただいた風景写真加工したものを入れてみました。

<画像クリックで拡大表示


色やポスタライズの段階数などで、簡単に違う額になります。
色々とお試しください。
(トップの額の再現を試みましたが、ソックリ同じにはなりませんでした。m(__)m)


追記 7月13日

 いろいろやってみた結果、セピア色に変換したものに、
 「RGBの度合い」 R:26、G:-32、B:-89
 中を白く塗りつぶす。
 「加工」→「エンボス」レベル:3
 「カラー」→「ガンマ補正」ガンマ値:0.76
 「カラー」→「明るさ/コントラスト」各-13
 中を白く塗りつぶす。

 で、トップと似たようになるかなと思います。

<画像クリックで拡大表示


 
 数値をいろいろと変えてやってみてください。


      


参考 いっちゃんの絵画風枠

Comment


        
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。