スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

学校の先生

前回、お役所仕事について書いたので、もうひとつ。
これは学校の先生。
一人は当時、中学校の教頭。
2学期最後の日に、子供が、近所の人に渡すようにと頼まれたものを持って帰ってきた。
住所はもちろん近くではない、名前を見てもそんな人に心当たりがない。
担任ではなく、教頭先生に呼ばれて、渡されたそうだ。
教頭先生と言うのは、この年移動できたばかりだったかな。
地域の地理も分からないのに、押し付けられたそうだ。
住所を見ても、全然違う。第一、小学校だって学区が違うところなんだから。

子供が、「知らない。」と言ったら、「近所のおばさんも知らないのか」と反対に怒られたそうだ。
学校に電話したら、忘年会で先生はいないそうだ。
コレが他の日だったら学校に持って行ったのに。次の日は、お休みだったんです。
たまたま電話番号が載っていたので、それを頼りに住所を探して渡してきた。

担任の先生にも連絡した。「違うのに渡されたの」と呆れたふうに言っていたが、教頭先生に連絡したのか、しなかったのか、教頭先生からは、誤りの電話も何もなかった。こんな先生が校長になって威張って、年金貰ってのほほんといるんでしょうね。

もう一人、小学校の先生。
参観会の日に、学校へ行った。何の授業かは忘れたけど、授業の終わりごろ、子供も煩かったんでしょうが、「先生の話を聞きなさい!」と 怒っているばかり。
うちの子が、先生に話しかけているのに、全然聞こうとしないで、そういっている。親がいてもこうなんだから、ふだんは、自分のことばかり言っているんだろうなと思った。この先生は、余り好かれてはいなかった。

もう一人思い出した。
掛け算の授業があるころだから、小2かな。
九九をしっかり憶えなきゃいけないのに、あまりちゃんとやってくれない先生だった。他の子供のときは、1x1,1x2・・・9x8、9x9 までいくと、逆に、9x9,9x8・・・1x2,1x1 と逆にやってきて、その後、先生がランダムに○x△、▲x●と言うのもやってくれた。
その先生は、1x1,1x2・・・9x8、9x9 で終わり。ランダムもなし。
九九は、ひたすら憶えるだけよね。
こんなことでは心配で、それでなくても足し算がおぼつかなかったので、珠算をやらせた。お陰で計算に特別困ることはない。暗算で出来るわけではないけど、普通に計算できるようになった。
これに関しては、早めに手をうってよかったと思っている。

Comment


        
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。