スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

浜北万葉まつり

浜北万葉まつり 曲水の宴

やっと見ることが出来ました。




浜北万葉まつりは、今年で17回目です。
以前から見たかった行事だけど、なかなか行けなくて残念な思いをしてきましたが、今年は見ることが出来ました。

トップの画像を拡大してみる。<


万葉の森公園の「曲水の宴」は、万葉びとがはるか天平の昔に雅やかに催した曲水の宴を、
当時の万葉びとの出で立ちそのままに古式ゆかしく天平絵巻を再現するものです。


「曲水の宴」は、庭につくられた曲がりくねった細い流れを舞台として繰り広げられます。
参宴者は、流れの岸に座り、そこへ流れの上手から酒を注いだ杯が流されます。
杯が自分の前を流れすぎるまでに即興で詩歌を詠み、自分の前にきた杯の酒を飲み干す優雅な遊びです。

画像クリックで、拡大表示されます。



浜北万葉まつり 曲水の宴


浜北万葉まつり 曲水の宴



浜北万葉まつり 曲水の宴



舞いも披露されましたが、あいにく松の陰になって、よく見えませんでした。

浜北万葉まつり 曲水の宴



雅楽も。

浜北万葉まつり 曲水の宴


                                    【撮影:2012年10月23日】



本来曲水の宴は、禊(みそぎ:けがれをはらう)のための儀式でした。
日本では古代、春になると野山の河原に出て水を浴み身を清め、無病息災を祈る信仰があり、
この春の禊が奈良、平安時代に大宮人の春の優雅な遊びである「曲水の宴」へと発展しました。

               曲水の宴についての説明は、当日頂いたパンフレットより


ここの曲水池は、奈良市が特別史跡として1985年に復原した「平常宮三条二坊宮跡庭園」の曲水の形状をもとに修景したものです。


各地の曲水の宴・・・Wikipediaより

3月第1日曜:太宰府天満宮(福岡県太宰府市)
3月第1日曜:赤間神宮(山口県下関市)
3月上旬:男山庭園(北海道旭川市)
4月上旬:上賀茂神社(京都市北区)
4月第1日曜日:仙巌園(鹿児島市)
4月第3日曜日:婦中ふるさと自然公園・各願寺(富山市)
4月29日:城南宮(京都市伏見区)
5月第4日曜:毛越寺(岩手県平泉町)
6月上旬:養寿院(埼玉県川越市)
10月第3土日曜:浜北万葉まつり(浜松市浜北区)
11月3日:城南宮(京都市伏見区)

Comment


        
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。