スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

色紙額 -杜鵑-


skyさんの絵手紙風を参考にさせていただきました。

杜鵑の元画像です。



前回、オイルペイント加工そのままで色紙に加工しましたが、
今回は、skyさんの絵手紙風を真似させていただいて、鉛筆画を合成してみました。


まず、杜鵑だけを切り抜きます。(背景を白くする。)




オイルペイント加工
「加工」→「オイルペイント」 にじみの強さ:3




白抜きした画像を鉛筆画に加工
「加工」→「鉛筆画」




鉛筆画をコピーして、オイルペイントした画像に合成します。
「編集」→「コピー」
「編集」→「合成」暗い画素優先で合成




あとは色紙風に加工、額をつけて出来上がり。
額の色は、杜鵑の色を使ってみました。

テクスチャ・・・コンクリート壁:25
角丸切抜き・・・枠線を付ける
立体枠加工・・・スムース(額をつけるので、立体枠にしてみました)
ここまで作ったら、コピーしておきます。

額をつける。
 余白作成・・・大きさ;50、色は杜鵑から。
 テクスチャ・・・岩肌:15
 立体枠加工・・・凹ませる:10
         スムース:8
影をつける。

テクスチャで加工した後で、コピーした画像を座標を指定して上書き(または合成貼り付け)します。



参考 絵手紙風 sky流

Comment

こんにちわ。

花ノビを撮りたくて忙しくしていてごめんなさいね。

前回、オイルペイントだけで色紙にしたけど、
鉛筆画を一緒に合成するだけで、感じが違って絵手紙風になるんですね。
私の頭だと単純なものしか浮かばないから、こうやって加工方法を教えていただけて、とってもありがたいです。
色に悩んだら、画像の中から色を選ぶといいですね。
私には嬉しいやり方です。

2008/10/21 | みっちゃん[URL] | Edit

Unknown

みっちゃん こんにちは

参考にしていただいてありがとうございます。

額をつけると立派になり、額の色を取得されたので、すごく調和が取れて素敵な作品になりましたね。

私もみっちゃんの「10月桜を使って」を真似させていただいたのですが、雰囲気の違う作品になりました。

2008/10/20 | sky[URL] | Edit

        
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。